人の手本

今まで私には心から尊敬できると思える人間などいなかった。あくまで私の感性で。そんななかで心から尊敬できると思えた人や事にであえたことがあったので自分の感性を信じ、人の手本として記そうと思った。